2022-23年度 ガバナー月信

2022年12月号

チーム嶋村
ガバナー⽉信

Take Action for Rotary Future. Reach Out for World Peace.
第6号 2022年12⽉発⾏

親愛なる会長のみなさん
 こんにちは。2022 年も12 月、残りひと月となりました。お元気でしょうか?
 本年度のご自身の会長テーマやクラブターゲットの再確認をお願いします。ロータリー賞に登録されたクラブの会長のみなさんは、進捗状況の確認もお願いします。

1.12 月は疾病予防と治療月間です

ポリオ根絶

 ロータリーの代表的な「疾病予防と治療」といえば、「ポリオ根絶」です。1985 年、ロータリーはポリオプラス・プログラムを開始しました。ポリオ根絶は国際ロータリーの最優先事項であり(ロータリー章典。5.030)、ポリオプラス・プログラムはロータリー組織全体のプログラムです(ロータリー章典36.070)。ポリオプラス・プログラムが成功裏に完了するまで、いかなる他の組織全体のプロジェクトも検討されません(ロータリー章典40.040.1)
 本年度はみなさんのご協力により、多くのロータリークラブ、ローターアクトクラブ、インターアクトクラブ、そして、ロータリーファミリーと一緒に、当地区で初めてとなる「世界ポリオデー2580」を開催していただきました。本年度の地区運営方針④「ポリオの根絶は世界平和の道標」を形にすることができました。心より感謝申し上げます。「世界ポリオデー2580」の街頭募金活動は、ポリオ根絶のためだけでなく、ロータリーの地域における公共イメージ向上、さらにクラブの活性化にもなります(世界ポリオデー2580のレポートと、今月号の鼎談「ポリオ根絶がロータリアンとしてのスイッチを入れる」があります)。
 参加型の奉仕活動を今後展開する上でも、「元気なクラブづくり」のヒントになったのではないでしょうか? ポリオ根絶への取組みはさまざまな形で行動できます。たとえば、END POLIO NOW のT シャツ(赤シャツ)を着て、ポリオ根絶チャリティーゴルフコンペの開催はいかがでしょうか? ロータリアン一人ひとりのポリオ根絶への認識を高めるためにも、新しいチャレンジに楽しくトライしてみていただきたいです。

続きはこちらを押してください
ガバナー月信の全文はこちら