2021-22年度 ガバナー月信

2021年10月号

みなさん、こんにちは。新型コロナウイルスによる5度目の緊急事態宣言のもとクラブをリードする皆様のご苦労に心より感謝を申し上げます。10月は、オープン例会開催のお願いや世界ポリオデーへの参加等、ロータリーにとって行事の多い月間を予定していました。 コロナの勢いが減少してきたとはいえ、クラブ会員の感染防止を最優先に慎重な行動をお願いいたします。
(写真:9月15日 東京ワセダロータリークラブ公式訪問)

ポリオ根絶活動の芽生え、麹町ロータリークラブの活動
今月のワークショップは「ポリオ根絶活動」をテーマに10月25日(月)に開催をいたします。みなさんはロータリーにおける世界のポリオ根絶活動の源流をご存知ですか? ロータリーは、1979年にフィリピンで自国の子供たちにワクチン接種をしていますが、当2580地区東京麹町ロータリークラブの、故山田彜(つね)会員(写真:上)と故峰英二(ひでじ)会員(写真:下)、このお二人が東京麹町ロータリークラブでポリオ根絶運動をスタートさせました。驚くべきことは、最初は個人でインドへ行き、それをクラブの活動にして、そして当時258地区と275地区の活動にして、最後にRIの優先活動になり、結果的にWHOやビル&メリンダゲイツ財団にまで拡げられることになりました。

山田会員はRIの3H(Health,Hunger and Humanity Grants)計画、これは健康増進、飢餓救済を目的とする活動で1ヶ月間、南インドでの会合に出席しました。山田会員がホテルを出て会場に向かって公園を横切った時、そこに両手両足が麻痺した少年が這っているのを偶然見かけました。短い会合が終わって、先ほどの公園まで来ると同じ少年が地面を這って、わずか10数メートルしか移動していなかったのを見てしまいました。その時、山田会員は、ポリオをこの世の中から無くさなければならない、人間の尊厳のために、ロータリーがなすべき活動はポリオを無くすことだと思ったとお話をされています。

続きはこちらを押してください
ガバナー月信の全文はこちら
ガバナー補佐特集号はこちら

GOVERNOR’s Monthly Video Message

October

ワークショップ

2021年10月25日(月)

ポリオ根絶活動に関するワークショップ
講師 高柳育行氏
(本庄RC・国際ロータリー第2570地区パストガバナー・第一地域ポリオ根絶地域コーディネーター)

2021年9月9日(木)

入会5~10年程度の方々に向けたワークショップ
講師 高野孫左ヱ門氏(甲府RC・国際ロータリー第2620地区パストガバナー)

【前編】

【後編】

2021年8月20日(金)

職業奉仕のワークショップ
講師 若林卯兵衛氏(京都洛北RC創立会員・皆出席・国際ロータリー第2650地区)
“京都人・・こだわりのDNA”

2021年7月8日(木)

入会3年未満の方々に向けたワークショップ
講師 ①着こなし講座 安積武史氏(東京北RC)
②講演「ロータリーは楽しい」水野正人氏(東京RC・当地区パストガバナー)

ラウンジchat(座談会)

もっと元気なクラブになろう

グローバル補助金プロジェクト

女性の会員増強