2022-23年度 ガバナー月信

2023年2月号

チーム嶋村
ガバナー⽉信

Take Action for Rotary Future. Reach Out for World Peace.
第8号 2023年2⽉発⾏

親愛なる会長のみなさん。
 こんにちは。みなさんのクラブ会長年度も残り5か月になります。
 昨年7月の初例会の時の高揚感を覚えていますでしょうか?クラブの目標の達成状況はいかがでしょうか?ロータリー賞にエントリーされたクラブのみなさんは、その進捗を確認してみていただきたいです。残りの期間を前向きに捉えることができれば、次年度以降のクラブの成長にも必ずつながりますので、引続き元気なクラブづくりに邁進して欲しいと願っています。

1.2023-24年度のRI会長のテーマが発表されました

2023-24年度のRI会長のテーマが発表されました

 ゴードン・マッキナリーRI会長エレクトは、米国フロリダ州オーランドで開催された国際協議会で2023-24年度会長テーマ「CREATE HOPE in the WORLD」(世界に希望を生み出そう)を発表しました。また、「私たちの目標は、破壊的な紛争から世界が立ち直れるように、希望を取り戻すことです。そうすれば、私たち自身のために持続可能な変化をもたらすことが可能となります」と述べました。
 みなさんは、このテーマに対してどのように感じましたか?私は本年度のジェニファー・ジョーンズRI会長テーマ「IMAGINE ROTARY」との連続性を感じました。ジェニファー・ジョーンズRI会長は「想像してください、私たちがベストを尽くせる世界を。私たちは、その世界に変化をもたらせると知っています」と言われました。そのためには、DEI(多様性・公平さ・インクルージョン)の体現、会員への配慮とともに、時代・社会・地域の変化に適応したロータリーの奉仕活動こそが必要とします。
 私は、ロシアによるウクライナへの侵攻に代表される破壊的な紛争から世界が立ち直れるように、希望を取り戻すためには、私たちロータリアン、ローターアクターの「Take Action」(行動)が求められていると理解しました。そして、この「Take Action」が私たちに持続可能な変化をもたらすということです。
 会員のみなさんとゴードン・マッキナリーRI会長エレクトのテーマ「世界に希望を生み出そう」について、クラブフォーラムなどで話し合ってみてはいかがでしょうか?

続きはこちらを押してください
ガバナー月信の全文はこちら